ホーム > 協会概要 > 事業内容

事業内容

~私たちの協会はこのような事業をおこなっています~

イベント

広く社会へ建築士事務所をPRするために、キャンペーン事業を実施しており、大阪府内の幼稚園児・絵画教室の生徒から絵画を募集し、表彰する児童画展(毎年数千点の応募)や府民対象のセミナー、無料の建築相談会などを実施しています。

建築相談会

府民の皆様からの様々な建築に関する相談について協会の相談員が処理にあたっており、各行政庁、消費者センター等からの紹介も受けています。

報酬に関するキャンペーン活動

大阪府44市町村、公共機関、商工団体に対して、設計・監理を国土交通省告示15号にもとづいて委託されるよう、要望を行っています。

行政懇談会

各行政庁に施策への提案・要望また協力するために、定期的に懇談会を開催しています。特に最近は地方分権法により、地方行政庁が独自に施策を打ち出す方向にあり、協会では各支部地域ごとにきめ細かく懇談を行っています。会員の皆様は懇談会に出席して、日頃抱いている考えを発言することもできます。

まちづくりに関する活動

大阪府内の各市町村をまちあるきなどののかたちで見学会を開催しています。また、地域住民協議会や行政からの活性化提案を受託し、会員とともに成果品をまとめています。

法定団体

建築設計・工事監理業務の重要性と消費者保護の観点から、団体による自律的監督体制を確立するため、平成21年1月5日から施行された建築士法第27条の2によって建築士事務所協会及び連合会は「法定団体」として位置付けられました。

協会及び連合会の役割

  • 建築士事務所の業務に関し、契約内容の適正化、その他設計等を委託する建築主の利益の保護をはかるため必要な建築士事務所の開設者に対する指導・勧告その他業務
  • 建築士事務所に関する建築主等からの苦情の解決
  • 建築士事務所の開設者や属する建築士への研修等の業務の実施

出版

  • 建築基準法設備関係解説書
  • 大阪府登録建築士事務所名簿
  • 会誌「まちなみ」
  • [改訂版]建築物の環境配慮技術手引き

その他、建築士事務所の経営や業務に参考となる刊行物として日本建築士事務所協会連合会が発行する各種出版物があります。